医者

健康診断の大切さ

病棟

胆管がんは初期の段階で黄疸の症状が顕著に表れてきます。血液検査を行ってビリルビンの値や腫瘍マーカーの値が上昇していれば胆管がんを疑ってみます。治療方法は手術によるものになりますが手術の前に黄疸の治療が行われます。

詳しくはこちら

危険因子を減らす必要性

看護師

医学の進歩と治療法

心疾患はガンと同じように日本人の死亡原因となる病気の上位です。その中でも心筋梗塞は多くの人が耳にしたことがある病気なのではないでしょうか。心筋梗塞は軽度の場合、1週間から10日ほど入院して血圧をコントロールすることで症状が落ち着きます。しかし症状が進行していたり、倒れてから搬送までに時間がかかってしまうと致死率が高くなってしまいます。心筋梗塞の治療には、医学の進歩によってさまざまな方法で手術がおこなわれています。一般的なのがカテーテル治療と呼ばれるもので、動脈硬化によって狭くなってしまった血管の血流を回復させるためにカテーテルを用います。カテーテル治療をおこなう際に必要とされる器具や技術の開発や研究がおこなわれています。

病気の原因となる生活習慣

心筋梗塞は、普段のライフスタイルのなかに危険因子がたくさん存在しています。食事の内容が偏っていたり、それによって肥満を招いている人は注意が必要です。肥満は心筋梗塞だけでなくさまざまな病気につながる危険因子です。現代人が抱えるストレスもまた問題となっています。ストレスは精神的な負担だけと考えている人が少なくありません。しかしストレスは自律神経の乱れやさまざまな病気の原因の一つとして考えられています。病気は小さな原因が積み重なってあるときそれが発作などとして現れます。食生活の改善や禁煙・ストレスの軽減によって、体の健康に気を配る必要があります。いつもと違った体調は病気の前兆である場合があるため、早めの受診が大切です。

把握したい治療法

男性

患者の体内から取り出したリンパ球を使用した治療方法のため、拒絶反応なども起こりにくく効果も高くなっているものに免疫細胞療法があります。第4のがん治療として多くの人が注目しています。

詳しくはこちら

良性の腫瘍です

女性

聴神経腫瘍は内耳から脳へ至る神経にできる良性の腫瘍です。出来る場所や大きさにより、難聴や耳鳴りだけでなく、めまいや顔面のしびれが生じます。内耳周辺はさまざまな器官が密集しているので、摘出手術や放射線治療によって周囲に負担を掛けない方法を模索しながら治療していきます。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 心筋梗塞には予兆がある│改善してニコニコ生活All Rights Reserved.