医者

良性の腫瘍です

女性

さまざまな症状が起きます

聴神経腫瘍は、内耳から脳へ繋がる聴神経にできる腫瘍です。ほとんどのものが良性の腫瘍で、他の部位に転移することはありません。出来る場所や大きさによってさまざまな症状を発症します。最初に気が付く場合が多いのが耳鳴りや難聴です。疲れているだけといって放置しておくと症状が悪化して、難聴が回復しないこともあります。難聴は耳が塞がれたような閉塞感が起こり、状況によってめまいが併発します。内耳周辺にバランス感覚を司る三半規管があるため、腫瘍が圧迫する場所によって起こります。また、顔面の知覚を司る三叉神経が圧迫されることで顔面にしびれや痙攣が起こることもあります。耳の症状以外にも不具合が生じるため聴神経腫瘍が原因と自分では気が付かない場合が多く、耳の不具合が起きた際には早期に耳鼻咽喉科へ受診をしましょう。

治療方法を選びましょう

聴神経腫瘍の診断をするためには、聴力検査を最初に行います。片耳だけ聴力に異常があったり、感音難聴が認められると、CTやMRIなどの画像検査を行います。内耳道が腫瘍によって大きく広がったりしていないか、その大きさや場所を確認します。治療には腫瘍の状態によって方法が異なります。まだ、大きさがまだ小さい状態であれば摘出手術を行います。内耳周辺には顔面神経や三半規管などさまざまな器官が密集しているため、腫瘍の位置によっては全部を摘出できなかったり、放射線治療に切り替える場合があります。放射線治療は聴神経腫瘍を消滅させる事は難しく、腫瘍が大きくなることを防いだり、周囲の器官を傷つけないよう、摘出のためのリスク回避のために行います。高齢者の場合、手術をせず大きさの変化を見ながら経過観察する場合もあり、治療方法は人により選択することができます。

Copyright© 2015 心筋梗塞には予兆がある│改善してニコニコ生活All Rights Reserved.